Topics

総会・例会のお知らせ(於:北海道立近代美術館)

北海道芸術学会2018年度総会および第32回例会
北海道大学学芸員リカレント教育プログラム公開成果報告会
公開シンポジウム「夭折の画家、再考」

日時: 2019年3月9日(土)10:00〜16:30
会場 : 北海道立近代美術館
主催:北海道大学学芸員リカレント教育プログラム、北海道芸術学会
共催:北海道立近代美術館(予定)


【北海道芸術学会2018年度総会 第32回例会】 

10:00〜10:45 研究発表 横山芙由美(北海道教育大学大学院)
        「ベートーヴェンのピアノソナタに見られる抒情性についての考察@
         ―Op.101を中心に―」
11:00〜12:00 北海道芸術学会総会

 

【北海道大学学芸員リカレント教育プログラム公開成果報告会】

【Session A 口頭発表】 13:00〜14:50 於 北海道立近代美術館 講堂

司会:佐々木亨(北海道大学大学院文学研究科教授)
コメンテーター:冨田章(東京ステーションギャラリー)、佐久間大輔(大阪市立自然史博物館)

・「アイヌ民具の展示史」 亀丸由紀子(北海道大学大学院/北海道博物館)
・「旧三井銀行小樽支店 青焼図面の再考」 山田菜穂(小樽芸術村)
・「テオ・ヤンセン作品の『リ・アニメーション』についての美術館学的考察」
  坂本真惟(札幌芸術の森美術館)
・「戦争ミュージアムとアートーペロンヌ大戦歴史博物館の場合」
  沼前広一郎(北海道大学大学院)
・「ミュージアムショップのあり方」
  大澤夏美(ミュージアムグッズ愛好家)、佐藤いず帆(小樽芸術村)、峰岸雅俊(札幌市役所)
・「岸田劉生作品におけるモデル」 金沢聡美(小樽芸術村)

【Session B ポスター発表】 10:00〜16:30(コアタイム 12:00〜13:00)
 於 北海道立近代美術館 映像室

・「ダンボールアートのカタログ制作の現場」 片山静香(ソーゴー印刷(株)クナウマガジン)
・「展覧会図録の資料価値と活用」 河村利穂(札幌市東区民センター)
・「小川原脩の展覧会履歴」 沼田絵美(小川原脩記念美術館)
・「抽象画家、江川博の画業をたどる」 中島香矢
・「画家・居串佳一へのアプローチ」 野田佳奈子(北海道立帯広美術館)
・「本間莞彩の制作について―札幌風景の連作を中心に」 門間仁史(北海道立旭川美術館)
・「北海道美術と『ヒューマニズム』」 山田のぞみ(本郷新記念札幌彫刻美術館)
・「北海道における仏像・仏画の展覧会の可能性」 熊谷麻美(北海道立釧路芸術館)
・「羽箒の資料性に関する考察」 山本晶絵(北海道大学大学院)
・「アーカイブス(記録史料)の展示活用」 吉川真名(札幌市公文書館)
・「人とまちをつなぐ小さな場所―文庫の歴史と私設ミュージアムの試み」
 塚田真理子(北広島市図書館)
・「美術作品を媒介とした『対話』について」
 磯崎亜矢子(小樽芸術村)、伊藤宏介(モエレ沼公園)、樋泉綾子(札幌文化芸術センター)

 

【シンポジウム「夭折の画家、再考」】
15:00〜16:30 於 北海道立近代美術館 講堂

報告
・「画家のヴィジョン―深井克美の生と制作」松山聖央(北海道立近代美術館)
・「神田日勝の画風展開が語られるとき」川岸真由子(神田日勝記念美術館)
・「地域作家と地域ミュージアム―北川豊の展示から」福田絵梨子(苫小牧市美術博物館)

司会:谷古宇尚(北海道大学大学院文学研究科教授)
コメンテーター:冨田章(東京ステーションギャラリー)、佐久間大輔(大阪市立自然史博物館)

 

お問い合わせ
北海道芸術学会事務局

 

レクチャーのお知らせ(於:SCARTSコート)

SCARTSレクチャーシリーズvol.3
「”未来”から逆算する、公立文化施設の広報戦術」

開館から10年が経った「いわき芸術文化交流館アリオス」での広報活動を振り返り、 これまでの蓄積から今後の取り組みに繋げるための広報ビジョンを学びます。 シンポジウム終了後は、登壇者や参加者同士の交流を図る情報交換会も開催します。

日時:2019221日(木)
開場:13:30
レクチャー:14:0015:30
情報交換会:15:4517:00
会場:SCARTSコート(札幌市中央区北1条西1丁目)
講師:長野 隆人氏(いわき芸術文化交流館アリオス 広報グループチーフ)
定員:50名(事前申込制・応募多数の場合は抽選) 
申込み方法: 以下の内容を記載の上、下記メールアドレスまでお送りください。
※お申し込み締切日は、2019214日(木)となります。
scarts@sapporo-caf.org
●お名前(フリガナ) ●ご連絡先(ご住所・電話番号) ●メールアドレス ●ご職業
●参加人数(2名まで) 情報交換会への参加について(希望する・希望しない)

 料金:1,000円(情報交換会参加の場合のみ)

 

展覧会のお知らせ(於:500m美術館)

第7回札幌500m美術館賞入選展

会期: 2019年1月26日(土)~3月27日(水)
時間: 7:30~22:00
会場: 札幌大通地下ギャラリー500m美術館
住所: 札幌市中央区大通西1丁目~大通東2丁目
(地下鉄大通駅と地下鉄東西線バスセンター前駅間の地下コンコース内)
主催: 札幌市市民文化局文化部

500m美術館は、2018年度も現代アートのコンペティション「第7回 札幌500m美術館賞」を実施しました。作品プランおよび企画プランを募集し、多数の応募を頂いた中から厳正な審査の結果4名の作品プランが入選となりました。

2019年1月26日から開催する「第7回 札幌500m美術館賞 入選展」では入選者4名の展示を開催し、実際の作品展示による審査でグランプリを決定します。

展覧会初日となる1月26日16時からは、グランプリの発表、授賞式、審査員を交えたアーティストトークを行います。皆様のご来場をお待ちしております。

入選作家|今村育子・津田隆志・中島洋・増山士郎

グランプリ授賞式・アーティストトーク

日時|2019年1月26日(土)16:00~18:00
会場|わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)第4会議室
札幌市中央区北1条西1丁目
審査員|
服部浩之(キュレーター/秋田公立美術大学大学院准教授/アートラボあいちディレクター)
三橋 純予 (北海道教育大学岩見沢校美術文化専攻教授)
吉崎元章(札幌文化芸術交流センターSCARTSプログラムディレクター)